¡Qué hago!(ケ・アゴ):どうしよう!

¡Qué hago!¡Qué hago!
ケ・アゴ!ケ・アゴ!
どうしよう!どうしよう!

洋舞フェスティバルを2週間後に控えた今
会場が使えないという
大ピンチに立たされています。

¡Qué hagooooooo!
ケ・アゴ~~~~!
どうしよ~~~~!

img002.jpg

でも、私も他の先生方も
あきらめてはいません。
この状況でも
何らかの形で開催できるよう
動いています。

きっと大丈夫。

そしてこちらも開催が危ぶまれています。

234927715_304215541457210_1055403100834318290_n.jpg
さすがに、この状況下では
なかなか予約が入りません。
¡Qué hagooooooo!
ケ・アゴ~~~~!
どうしよ~~~~!

中止にするのは簡単だけど
私、こういうところは
あきらめが悪いのです。
あ~あ。
¡Qué hago!¡Qué hago!
ケ・アゴ!ケ・アゴ!
どうしよう!どうしよう!

akiko




スポンサーサイト



estribillo(エストゥリビージョ):リフレイン

estribillo(エストゥリビージョ)は
繰り返しという意味です。

短い歌詞を何回か繰り返して
歌う部分を指します。

踊りの中盤に出てくることもありますが
多くはハケる時に
使われます。
とは違い
何度も同じ単語を歌っていたら
エストゥリビージョだと理解して
良いかと思います。

akiko

cierre(シエレ):閉めること

昨日のブログで
スビーダはスピードUPということを
理解していただけたでしょうか?

さてスビーダの後に
来るのは
基本的に
かシエレです。

cierre(シエレ)は「閉め」。
踊りの構成の中で
一連の動きを閉めることを
指します。

閉める拍は曲によって決まっています。
例外もありますが基本的に
12拍子系なら10
4拍子系は
タンゴは3
ティエント等は1
(数え方によっては7)

拍が足りなかったり
はみ出たりしないように
まずはリズムをしっかり身につけて
下さいね。

akiko

subida(スビーダ):上昇

subir(スビール)⇔bajar(バハール)
上がる⇔下がる

subida(スビーダ)⇔bajada(バハーダ)
上昇⇔下降

スビーダは上昇という意味で
フラメンコでは速度を上げることを指します。

強くて速い足打ちをして
速度を上げるのが一般的です。
演者はもちろん、お客様も一緒に興奮する
一番盛り上がる部分でもあります。

いいですか‼
スビーダは速度UPです‼‼

たまに
いや頻繁に
失速していく人がいます。
それでは
スビーダではなくバハーダです。

100歩譲って
せめて
現状の速度を維持しましょう。
絶対にバハーダになってはだめです。
せっかくの盛り上がりが
台無しになってしまいます。

速度が落ちてしまうのは
主に次の理由が考えられます。
1.自分が速くなっているのか遅くなっているのか
速度の感覚がわかっていない
2.そもそも速く足を打てない
3.筋力、持久力不足で速く打てなくなる

自分のタイプを分析して
練習方法を変えるといいでしょう。

もう一度言います。
スビーダはスピードを上げる~~~‼‼‼

akiko


tapado(タパード):ふさいだ、ギターのミュート

tapa(タパ)
tapado(タパード)
蓋をした
ふさいだ
という意味で
ギターがミュートして
リズムを刻むことを
指します。
リズムを際立たせたい時に使います。

タパード
アンダルシア訛りでは
タパーオと発音されます。
日本ではタパと呼ぶ人が多いです。

踊りが入る場合は
リズム感あふれる足音や踊りを
強調したい時に使われます。

つまり踊り手がエスコビージャ以上に
主役になる場面を意味します。

いいですか!!
リズムを際立たせるためですよ!!
超絶サパテアードでも
シンプルなマルカールでも
同じことです。
その中身が何であろうと
踊り手最大の見せ場です!!

ギタリストがサボっている訳ではなく
あえて自分の音を消すことによって
踊り手を最大限目立たせようとしているのです。

振付の中にタパードがある場合は
心して踊りましょう!

ねえ、ティエントクラスの皆さん♡

akiko


remate(レマーテ):終わり

rematar(レマタール)
「終える、完了する」という意味の
動詞です。
その名詞形が
remate(レマーテ)

多くの曲では
歌が1、2コンパス入った後に
空白部分があります。
そこにすかさず
踊り手が足を入れたりして
見せ場を作ります。
ここを
remate(レマーテ)と言います。

中には
contestación(コンテスタシオン)
呼ぶ人もいます。
こちらは「返事」という意味なので
スペイン語的にはこちらを使う方が
正しいと私は思います。

従って
レトラとレトラの間を埋めるのが
contestación(コンテスタシオン)
レトラの終わりに入れるのが
remate(レマーテ)

でも、両方とも
「レマーテ」と呼ぶ人の方が多いです。
本場スペインでもそうですし
日本では、ほぼ全員がそうです。

レマーテの方が発音も簡単ですし
(でも、レは巻き舌💦)
私もレッスンではこちらを使っています。

私の生徒さんで
グアヒーラ、ティエントを習っている人
どの振りがレマーテかわかりますか?

akiko

llamada(ジャマーダ):合図

llamada(ジャマーダ)は
呼ぶこと
(呼び鈴やノックなど)合図
(電話の)通話
などの意味があります。

携帯に着信がある時は
llamadaと表示されます。

フラメンコでは
ジャマーダは「合図、呼ぶ」と言う意味です。
生伴奏で踊る場合は
踊り手がその都度次の展開への合図を出しますが
その中でも歌を呼ぶジャマーダはとても大事です。

正確なリズムと明確な動きで
「歌って下さ~い‼」と伝えないと
歌い手は歌いだせません。

振付の中で一番大事な振りが
ジャマーダだと言っても過言ではありません。

ジャマーダも踊り手の責任です。
しっかり練習しましょう。

akiko


escobilla(エスコビージャ):足打ちで構成されている部分

足を踏み鳴らすことを
zapateado(サパテアード)と言います。
*サパテアードについては
過去のblogをご覧ください。


サパテアードだけで構成された部分を
escobilla(エスコビージャ)といいます。

人によっては
超絶・高速テクニックの見せ場であり
またある人によっては
音楽のような足音の聞かせどころ
でもあります。

高速サパテアードで有名な踊り手の一人
フアン・ラミレス

フラメンコは
1曲を通して主役がコロコロ入れ替わります。
レトラの主役は歌い手
ファルセータはギタリスト
そして
エスコビージャは踊り手です。
踊り手が自信をもって
正確なリズムを刻まないと
他のメンバーも困ってしまいます。

腕のいいギタリストなら
多少のミスもうまくカバーしてくれますが
なるべく頼らないようにしたいものです。

ちなみにうちのギタリストTakaquinは
合わせの天才!
洋舞フェス出演予定の皆さん!
本番、どうしてもの時には
リズムの揺れ、拍の欠如も
ばれないように
うまく修正してくれることでしょう。

でも、それにも限度がありますから
あまりにひどい場合は保証できませんので
ご了承ください。

やはり
エスコビージャは踊り手の責任です。
しっかり練習しましょう。

akiko

en vivo(エン・ビボ):ライブの、生の

コロナの影響のため
最近ではライブや公演が
中止や延期になることも
日常となってしまいました。

そもそも最初から
オンライン配信というのも
見受けられるようになってきました。

でも、画面越しでは
伝わらないものがあります。
できれば
会場に足を運んで生で見たいものです。
「生の」は
en vivo(エン・ビボ)
img002.jpg
今日は
洋舞フェスティバルの舞台練習でした。
本番は3週間後ですが
現時点でもいい仕上がりです。
出演者の頑張りを
是非生で感じてください。

もう一つお知らせ。
234927715_304215541457210_1055403100834318290_n.jpg
9月5日(日)
17:00開場 17:30開演
3000円(盛り合わせプレート付き)
ペルーレストラン「デ・ラ・コンチャ」
安城市住吉町3丁目2-12 2F 
0566-93-8080

vivoは「生きている」という意味です。
そう、フラメンコは生き物。
やはり生で観ていただきたいです。

このような状況下ですが
ふたつとも開催できることを願っています。

皆様のお越しをお待ちしています。
akiko

falseta(ファルセータ):伴奏ギターの独奏部分

曲の途中で出てくる
ギターソロのメロディー部分を
falseta(ファルセータ)と言います。

美しい
かっこいい
おしゃれ・・・

ギタリストによって
ファルセータの雰囲気は異なります。
作曲能力と演奏技術が
問われる部分です。

ファルセータに合わせて踊る場合は
あくまでもギターが主役です。
踊り手は伴奏してもらうというより
むしろメロディーを引き立てるように
踊れるといいですね。

練習生の皆さんも
余裕が出てきたら
ギターの音色を注意深く
聴いてみてください。
踊り方のヒントが見つかると思います。

akiko



プロフィール

フラメンコスタジオ・アマネセール

Author:フラメンコスタジオ・アマネセール
フラメンコスタジオアマネセールは、現役のダンサーAkikoとギタリストTakaquinが直接指導する本格的なフラメンコスタジオです。
音楽、フラメンコ、スペインの話題を中心に、何気ない日常をつづります。スペイン語にも触れていただければ幸いです。
HP:http://www.akikoinaba.com/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCtfqGNle2fEtByvVfB4EdHw

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR