huevo(ウエボ):卵

clara(卵白)とyema(卵黄)を覚えても
卵を知らなかったらダメですね。

卵は
huevo ウエボ

ここで注意するのは
スペイン語はHを発音しないということです。
例えば次の単語も同様です。

hotel オテル(ホテル)
hospital オスピタル(病院)


アンダルシア地方には
Huevos a la flamenca
(フラメンコ風玉子)
という名前の料理があります。
https://yahoo.jp/QstsH8

主な材料は卵、トマト、野菜などですが
決まったレシピは無く
家庭やお店によってアレンジされます。
作り手の個性が出る料理ですね。

まさにフラメンコと一緒。

フラメンコ愛好家の皆さんは
どんなフラメンコに仕上げますか?

akiko
スポンサーサイト



yema(ジェマ):卵黄

卵の白身は
clara(クララ)

黄身は
yema(ジェマ)といいます。

スペインには
卵黄と砂糖と水だけで作る
卵黄のプリン
flan de yema(フラン・デ・ジェマ)があります。


こちらは卵黄を使った
クリスマスの伝統的なお菓子


いずれにしても
スペインのお菓子は
私には甘すぎです。

akiko

続きを読む

clara(クララ):卵白

私のスタジオには熱心な生徒さんが多く
週に2クラス以上取っている人もいます。
踊れる身体を作るためにも
週2時間は踊りたいところ。
上達が目に見えて嬉しい限りです。

今日も一人の生徒さんが
来月からクラスを増やしたいと言ってきました。
聞くと、久しぶりに外を歩いたら
足腰の衰えを感じたのこと。

フラメンコをもっと踊ったら
どこまででも楽々歩けますよ!

クラスを増やせない人は
他の運動でもいいので
日常生活で動く量を増やすと
踊れる身体に近づくと思います。

身体づくりに関して
昨年末に行ったセビージャでの出来事を
思い出したので。

私がよく行くバルのウエイターさんが
ウエイトトレーニングで鍛えていて
身体づくりのためにスペシャルドリンクを
飲んでいると言っていました。

材料はうろ覚えですが、確か

プロテインパウダー
はちみつ
牛乳
卵白

これらを混ぜて飲んでいるとのこと。

それで問題は卵白。
以前は生卵の黄身を捨てて卵白だけ使っていたそうです。
でも、面倒だしもったいないし高くつくからと
探した末にこんなものを見つけたんですって。

卵30個分の卵白が入っているボトル!
値段も生卵に比べたらかなり安くて、
あまりにも
衝撃だったので写真を撮らせてもらいました。

ペットボトル入りの卵白なんて
日本でも売っているのでしょうか?

akiko

続きを読む

antepasado(アンテパサード):先祖

昨日のブログにコメントいただいた方は
勘の良いゴーヤ予約者さんですか?

私のsecretoはバレてしまったけど
おかげで勘を良くするsecretoを
教えてもらいました。

ご先祖様を大切に。



もうすぐお盆ですね。

akiko

続きを読む

secreto(セクレト):秘密、秘訣

7/16のブログ「reserva」をお読みでない方は
そちらからお読みください。

雨上がりの月曜。
畑に行くとゴーヤが2本大きくなっていました。
先日収穫した1本目はお供えしたので
第2号、3号です。



ちなみに1本目は仏壇から下げる前に
傷んでしまったので、
まだ今年のゴーヤは食べていません。

例のゴーヤ予約者からは
音沙汰がないので、
しめしめ。

と思ったのも束の間。

こういう勘が働く人なんですよね、彼女は。
「ブログ読みましたー」とな。

何というタイミングなんでしょう!!
『秘密』にしておこうと思ったのに。
なにゆえ収穫したその日にバレちゃうのかしら。。

勘が良くなる『秘訣』教えてください!

akiko


続きを読む

granola(グラノーラ):グラノーラ

タブラオクラスの皆さん
「毒」はいつ食べましたか?

毒、毒って言ったら
くれた人に失礼ですね。
でも、
本人も「毒」って言っていたから
いいですよね。

毒を食べた後は
体にいいものを!

最近、私はグラノーラづくりに
はまっています。

フライパンでオートミールを乾煎り
ナッツ類を加えてさらに炒めて

ドライフルーツを加えて

砂糖、はちみつ、ココナッツオイルの
黄金比を模索中です。

と言っても毎回
目分量かつ、記録なしなので
いつ黄金比が見つかるか不明ですが。。。

ヨーグルトに入れて食べるのが
お気に入りです。


さあ、今週も元気にいきましょう!

akiko

続きを読む

veneno(ベネノ):毒、有害なもの

昨日金曜日の夜はタブラオクラスでした。
このクラスはライブ出演を想定した
レベルの高いクラスです。

現状ではライブの予定もありませんが、
みんな熱心に取り組んでいます。
回を重ねるごとに見られる上達が嬉しいです。

さて
そのクラスの生徒さんからいただいた
毒物
じゃなくて
スイーツ。

本当はタルトもあったし、
もっと大量にあったのですが
写真を撮り忘れ
マドレーヌ一個だけになってしまいました。

他の生徒さんにも配ってくれて
みんな
今から食べるのは「毒」だよねと
言いながら帰って行きましたが、
どうしたのかしら?

ちなみに配り主からは23時に
「毒に手を出した」との報告がありました。

「毒」と言えば
アレハンドロ・サンスの
『Quiero morir en tu veneno』
君の毒で死にたい



みなさんにとっての「毒」は何ですか?

akiko


続きを読む

soledad(ソレダー):孤独

孤独を意味する
soledad ソレダー
この言葉がもとになっている曲が
フラメンコにあります。

それは
「カンテ(フラメンコの歌)の母」とも呼ばれる
『Soleá ソレア』です。
複数形で『Soleares ソレアレス』と
表記されることもあります。

物悲しいメロディーに重々しい歌。
他の曲よりも更に
ギターや歌を感じて表現することが求められる
踊り手にとっては難しい曲の一つです。

Soleá と言えば
Manuela Carrasco  マヌエラ・カラスコ
Eva Yerbabuena  エバ・ジェルバブエナ
Blanca del Rey ブランカ・デル・レイ
などの踊りが有名です。

そして、私にとって
Soledadと言えば
アレハンドロ・サンスの
『Mi soledad y yo』(孤独と私)です。


良い週末をお過ごしください。
akiko

続きを読む

corazón(コラソン):心

昨日のブログでも書きましたが
新宿のタブラオ 「Garlochí」の閉店に
心を痛めています。

Garlochíはジプシー語で「心」。
「心」はスペイン語では「corazón」です。

corazónと言って思い浮かぶのは
Alejandro Sanz(アレハンドロ・サンス)の
「Corazón Parío(コラソン パルティーオ)」という曲です。

アレハンドロ・サンスは
スペインポップス界で私が好きな歌手の一人です。
大学生の頃から聴いているので
ファン歴はかなりなものです。


「Corazón Parío」は「引き裂かれた心」という意味で
1997年発売のCD「Más」の3曲目に入っています。
ここでもVicente Amigoのギターが冴え、
スペイン独特のポップスになっています。
(Vicente Amigoがプロデュースした作品についてのブログ)

歌詞はとても女々しい内容ですが
とても美しい曲です。


アレハンドロ・サンスの
ハスキーな声と美しい曲に
心奪われた方は
ぜひ他の曲も聴いてみてください。

akiko

続きを読む

Garlochi(ガルロチ):corazón 心

7/20のブログにも書いた
名古屋ブルーノートの閉店は
地元だけに残念な知らせでした。

でもその前に
フラメンコ界にも
衝撃のニュースが流れました。

新宿のタブラオ
Garlochi(ガルロチ)」の閉店です。
本国スペインから招聘した
選りすぐりのアーティストによる
本物のフラメンコショーを観られる
貴重なタブラオでした。

garlochi(ガルロチ)はジプシー語で
「心臓、心」という意味です。
スペイン語では
corazón (コラソン)と言います。
(ジプシー語については
またの機会に書きますね。)

私も「ガルロチ」と
その前身「エル・フラメンコ」には
何度も足を運びました。
本場以上のステージが観られることも
多々ありました。

心揺さぶられるショーを
本当にありがとうございました。

まさに日本の
フラメンコの聖地。

復活を願ってやみません。

akiko

続きを読む

プロフィール

フラメンコスタジオ・アマネセール

Author:フラメンコスタジオ・アマネセール
フラメンコスタジオアマネセールは、現役のダンサーAkikoとギタリストTakaquinが直接指導する本格的なフラメンコスタジオです。
音楽、フラメンコ、スペインの話題を中心に、何気ない日常をつづります。スペイン語にも触れていただければ幸いです。
HP:http://www.akikoinaba.com/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCtfqGNle2fEtByvVfB4EdHw

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR