Feria de Abril フェリア デ アブリル:セビリアの春祭り

Feria de Abril
直訳すると「4月の祭り」ですが、

通称『セビリアの春祭り』を指します。
開催日は移動祝日なので4月後半から5月の間で
毎年変わります。
でも、名称に4月が入っているからには
4月にこだわりたいところ。
今年のアマネセール春祭りの日程を
大型連休初日という不安を抱えながらも
4/27(土)に決定。
心配もなんのその、たくさんのお申込みいただいています。

第一回の様子
第二回の様子

ちなみに本家本元は
5/4~5/11だそうです。
4月じゃないじゃん。

さて、例のごとく
切羽詰まらないとやれない性格。
昨日、今日で印刷物は大方終了。
明日は会場の掃除と買い出しに出かけます。


フラメンコを踊れなくても、
スペイン文化に興味がある人ならどなたでも大歓迎です。
スタジオ外からもお申込み頂いています。
スペイン文化、スペイン語、
フラメンコ、ギターなどに興味のある方、
是非お誘い合わせの上お越しください!

春の一日を陽気に過ごしませんか?
akiko

スポンサーサイト



Nunca es tarde para aprender. 学ぶのに遅すぎることはない。

Nunca es tarde para aprender.
学ぶのに遅すぎることはない。
つまり、
「学ぶことはいつからでも始められる」
という意味です。
日本語でいうと「六十の手習い」でしょうか?

こんな言葉よく耳にします。
「フラメンコやってみたいけど、この年じゃ無理よね」
いいえ、
フラメンコは何歳からでも始められます。

「フラメンコは何歳まで出来るの?」
何歳まででも。
身体が動く限り出来ます。

確かに、年齢によっては
激しい足打ちや速い動きは無理かもしれません。
でも、足を力強く踏み鳴らすだけが
フラメンコではありません。
ゆっくりでも、優しくでもできる
魅力的な動きがたくさんあります。

ちなみに、現在、私の生徒のなかで
最高齢の方は72歳です。
69歳で始めて3年になります。
とてもポジティブな方で、
始めて間もない、まだ満足に踊れないうちから発表会に参加。
もう既に3回の舞台を経験しています。
カスタネットやりたい!←もうやっています。
扇子まわして踊って見たい!
裾の長いスカート、あれかっこいいね~!
と好奇心旺盛な姿に
教える私もついつい気合が入ってしまいます。

そんなわけで、
年齢を理由に足踏みされている方
まずはお試し講座からいかがですか?


♪踊らにゃ損損♪
お申込みお待ちしています。

akiko


¡Enhorabuena! エノラブエナ:おめでとう! 

NORIさんから公演のお祝いに
いただいた赤ワイン。
似顔絵付きのメッセージカードがおしゃれ。

いや、似顔絵というより、
かなりリアルな自画像と言った方が正しいかな。
このままの人です。

確かめたい方は20(土)のライブへお越しくださいね!

akiko

humor ウモール:ユーモア

 来る20(土)に共演をする
NORIさんという人は
実に不思議な人だ。

まず、昨年末
NORIさんからのはじめましてのご挨拶を
いまどき珍しくお手紙で頂戴した。
挨拶に始まり、ライブに向けての計画など
その内容はなんと便箋5枚分。
その後、電話でお話をすると
ますます不思議感は募るばかりだった。
これは直接ご挨拶せねばと、
彼のライブに伺い
その風貌とその音楽スタイルにまた驚いた。

本人いわく
「下手なのが売りだから」。
正直、私には下手か上手かは分からないし
人によっては好き嫌い分かれるとは思う。
でも、NORIさんが精一杯「心で」歌う姿に
公演前の私は大きなショックを受けたことは確かだ。

そんなNORIさんが企画した今回のライブ、
前売り購入の方には「オマケ」があるそう。
オマケの内容説明も、やはりお手紙で届く。


レア物は他にも
レコードシングル盤
手塚治虫漫画本
コカ・コーラ筆箱(80年代物)
などなど、有るそう。

NORIさん、ユーモアのある方です。
その音楽も一聴の価値ありです。
是非、お得な前売り券をお買い求めください♪

akiko

Laguna ラグーナ:小さな湖 

竹島まで来たら
やはりラグーナ蒲郡へ。
ついでというより、
一番来たかった場所でもあります。
まずは、入園前の腹ごしらえ。

魚を見てきた後で
魚を食べるというのも複雑な気持ち。

そう言えば水族館のPOPに
「飼育員さんだって魚を食べます」という解説とともに
こんなものがありました。

おいしそうに
みえるじゃないか
にんげんだもの
しいくいん

ラグーナでの目当ては
花と歌劇鑑賞。
チューリップが満開でした。

隣接する「変なホテル」に棲みついたという
恐竜 ラプトルが
園内を歩き回っていました。

最後に
歌劇ザ・レビューを観て大満足。

心躍る一日でした。

akiko

acuario アクアリオ:水族館

竹島まで来たら やはり
今話題の竹島水族館へ。

一つしかない入場券売り場には列ができていて
前に並んでいた家族連れも、お友達グループも
「えっ!?500円なの?安い!!」
と騒いでいました。

小さな水族館なのに
大勢の人で賑わっていました。
アシカショーなんて
見えないくらいの人だかりでした。

人気の秘密は何と言っても
手書きの解説のおもしろさ。
飼育員さんたちの情熱にオレー!

私も解説読みに来たのか、
魚見に来たのか分からなくなるほどでした。


水族館を出て、満足な気持ちの中で感じたことは
「人は理解できないものには感動しにくい」ということ。
確かに
「なぜかわからないけど感動した」
ということもあるでしょう。
でも、解説なりで理解してはじめて
「なるほど、すごいな」と思う、
あるいは少なくとも興味を持ってもらえる。
その方が人の心に届くような気がします。

私もあらためて
表現者としてどうすべきか
考えさせられました。

akiko

竹島

ロス・アルテサノスのオリジナル曲の一つに
『竹島』という曲があります。
蒲郡の竹島を舞台に、
島の一日の風景を題材に作曲したものです。

一日の移ろいを表すように
一曲の中でリズムがコロコロと変わります。
ちなみにフラメンコで言うと
シギリージャ

ファンダンゴ

タンゴ

ファンダンゴ
のリズムを使っています。

私はこの曲に
マントン(大判のショール)とカスタネットを使う
振付をしています。

曲からのイメージで振付けたのですが、
実際その場所を訪れたらどう感じるだろうと
私のイメージの正誤を確かめるべく
竹島に行って来ました。

小さな島ですが
癒しとパワーを与えてくれる
素敵な場所です。


そうそう、
私のイメージですが、
ほぼいい線行っていると思います。

確かめたい方は
4/20(土)安城昭林公民館のライブ
お越しください。

ちなみに
この振付はある程度広さがないと出来ないので
4/20(土)のライブがチャンスです。
5/25(土)のグリーングラスでは踊り無しの演奏になるか、
振付変更の可能性があります。

皆さま、お見逃しなく!

以上、akikoの休日とライブ告知でした!

akiko

プロフィール

フラメンコスタジオ・アマネセール

Author:フラメンコスタジオ・アマネセール
フラメンコスタジオアマネセールは、現役のダンサーAkikoとギタリストTakaquinが直接指導する本格的なフラメンコスタジオです。
音楽、フラメンコ、スペインの話題を中心に、何気ない日常をつづります。スペイン語にも触れていただければ幸いです。
HP:http://www.akikoinaba.com/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCtfqGNle2fEtByvVfB4EdHw

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR